貯金箱

長期的に家を空ける場合はリロケーションで利益を得よう

有効活用する方法

作業員

デッドスペースを使える

デッドスペースと言われるところを、有効活用したいという人が増えてきています。土地を持っていても、小さなスペースでは家を建てることもできません。そんな時にお勧めなのが、駐車場にすることです。駐車場を施工するには、まず、不動産会社に相談することになります。もちろん、どこの不動産会社でもいいというわけではありません。最近はデッドスペースを駐車場にする人が増えてきていることもあり、大手の不動産会社なら相談に乗ってくれるはずです。また、不動産会社よりも先に、施工業者に相談してみるというのもいいかもしれません。知人などに。この手の施工を専門的に行っている人がいれば、いろいろと情報を提供してもらった方が安心です。

状態によって費用がかかる

駐車場を施工するには、当然、費用がかかります。小さなスペースであっても、それを駐車場として機能させるからには、ある程度の修復が必要になるからです。更地のままでは、単なる空き地に見えてしまいます。ここが駐車場だと分かるようにするには、地面をコンクリートにしたり、白線で区切ったりといったことが必要です。また、更地ではなく、空き家になったところを取り壊して駐車場にするということもあります。この場合は、まず、空き家の取り壊しから行わなくてはなりません。ずっと手入れをしていなかった土地の場合、簡単に施工はできないため、期間も費用もかかってしまいます。これらの点は不動産会社に相談したり、施工業者と打ち合わせをしたりしていくことが大切です。