男の人

長期的に家を空ける場合はリロケーションで利益を得よう

有効活用する方法

作業員

デッドスペースを駐車場に施工することが人気です。土地を有効活用できます。その際、不動産会社に相談して、施工業者を紹介してもらうなどの流れとなります。もちろん、費用もある程度かかるので、綿密な打ち合わせが必要です。

詳しく見る

空き家を活用する方法

男性

転勤などで家を空ける場合はリロケーションを行うことをオススメします。収入を得るだけでなく、誰かに使ってもらうことで大事な家を長持ちさせることができます。リロケーションは途中で解約できないので、家に住めなくなるリスクを少なくするために短期契約をするのがベストになります。

詳しく見る

長期間家を空ける時の対策

男の人

空き家にすると劣化する

海外赴任などで長期にわたって家を空けることになった時、他人に貸し出すという方法があります。そのような場合、不動産会社を通して賃借人を探すシステムをリロケーションといいます。移住する場合は家を売却して引っ越すことができますが、海外赴任や長期出張の場合はいずれ戻ってくることになります。そのような時にリロケーションすると便利です。家は空き家になると劣化が進みます。それを防ぐ意味においても第三者に住んでもらうのは効果があります。リロケーションでは賃借人と直接交渉するのは不動産会社になるので、賃貸関係の煩わしさを経験する必要がないのも利用しやすい点です。不動産会社を探す時はリロケーションの実績のある所を選ぶようにするのがポイントです。

家賃でローンを支払える

リロケーションに出す家というのは、比較的新しい家が多いのが特徴です。そのような家の多くが住宅ローンを支払っています。長期に家を空ける場合、そのままにしておいてもローンの支払いは続きます。リロケーションを利用すると、賃借人から得られる家賃を住宅ローンの支払いに充てることができます。その点こそがリロケーションの大きなメリットです。ただし予定よりも早く帰宅できるようになったからといって、賃借人を追い出すことはできないのです。リロケーションの契約では更新制度がないので、2年とか3年経過すると家を明け渡すようになっています。その時期が来るまでは家に戻れないので、その場合の仮住まいなども不動産会社と話し合っておく必要があります。

おすすめリンク

  • 失敗のないリロケーション安心ガイド決定版

    リロケーションを利用するなら信頼できる業者を選びたいと考えるでしょう。それならこちらのサイトからとなっています。

適正相場を考えましょう

模型と図面

家賃相場は、物件だけではなく周辺環境によっても変化します。また、高すぎても安すぎても入居は集まらないため、常に情報収集を行いながら適切な家賃を設定していくことが重要です。そのために、普段付き合いのない不動産業者の訪問なども行いながら、アンテナを広げていきましょう。

詳しく見る